Vol.1 (2003.03.07)
Vol.2 (2004.07.28)
Vol.3 (2010.06.11)
Vol.4 (2010.09.15)
Vol.5 (2011.03.10)
Vol.6 (2011.08.10)
Vol.7 (2012.02.07)
Vol.8 (2013.12.26)
Vol.9 (2015.05.25)
Vol.10 (2016.09.16)

ホームページTOPへ

TSUJICON NEWS スペース
Vol.7 発行2012.02.07
ツジ電子株式会社
◆HOT NEWS 

第25回日本放射光学会シンポジウムに参加いたしました。

日時:2012年1月6日(金)〜9日(月)
場所:鳥栖市民文化会館

 ツジ電子は日本放射光学界、日本加速器学会に企業として加入し、積極的に研究者の皆様との交流を図っております。
 今年は鳥栖市において日本放射光学界のシンポジウムに参加しました。

第25回日本放射光学会シンポジウム

◆新製品情報

ツジ電子のカウンタが更に高度化、進化しました!!

ツジ電子のカウンターシリーズは、H・Pにもご案内しておりますが、
(1)NIMケースからEIAラックマウントタイプと種類が豊富。
(2)カウンタのチャンネル数は最大64CHも可能。
(3)各チャンネルのカウンタビット数も32(〜48)まで。
(4)蓄積するデータ数も10^5点以上。
(5)こうして測定したデータは1MB/秒以上の高速LAN通信でデータの転送が可能。
シリーズの詳細は近日中、H・Pにてご案内いたします。

CT48-01D

高速転送版 48CHカウンタ CT48-01D 定価:1,500,000円 (税抜価格)

〈CT48-01Dの主な仕様〉
・チャンネル数:48CH
・カウント周波数:FastNIM:300MHz、TTL:100MHz
・カウンタビット:32ビット
・データロガー機能:10^5
・測定結果は、最大8箇所からLAN接続が可能


◆既存製品の機能UP

PM16C−04XD(L)に新しい動作コマンドが追加されました!!

 PM16C-04XD(L)Ver1.43〜に揺動動作モードが加わりました。
B Position(以下、B軸)に割り当てられたモータを往復動作させ、1往復する度にA軸をステップ移動させて再びB軸を1往復させる動作をA軸が一定回数動くまで繰り返すモードです。A,B軸を使う2軸動作モード、A,B,C軸を使う3軸動作モードが主で、設定により、A軸と同じタイミングで起動するD軸も使用可能です。
 動作イメージは次の図の通りですが、詳細は弊社H・Pより、PM16C-04XD(L)のリモートマニュアルをご覧ください。

2軸動作モード

3軸動作モード

ツジ電子株式会社 ツジコンニュース編集委員会
300-0013 土浦市神立町3739

tel.029-832-3031 fax.029-832-2662
ホームページ:http://www.tsujicon.jp Eメール:toku@tsuji-denshi.co.jp

Copyright (c) 2012 TSUJI DENSHI. All rights reserved. 許可無く転載することを禁じます。